サンプル

検診で視神経乳頭陥凹拡大といわれたら。

今日は寒いですね。三寒四温というには暦的に早すぎでしょうか。

会社検診、区民検診で  視神経乳頭陥凹拡大と診断された方はいらっしゃるでしょうか。

最近は年齢不詳の素敵な方々が多いですけれど、ヒトの中身はジワジワ弱っていきます。例えば、眼の奥。

普通の生活をしていても、かなり病気が進まないと気付きにくく、しかも進んだ状態からは治療しても元に戻らないため大人になってからの失明原因第1位に君臨するのが緑内障です。

日本人は角膜の厚みも欧米人より薄く、視神経乳頭〔光信号を集める束〕もか弱いため、眼圧〔眼の硬さ〕がそれほど高く無くても加齢でさらに脆くなります。そこに繋がる網膜の神経線維や視細胞が普通よりも早いスピードで死んでいくためその部位では網膜が薄くなり光信号を受け取れず、見えない場所がジワジワ増えていく、いやーな病気です。眼底写真を撮ると、視神経乳頭陥凹拡大 という状態です。

いまや40歳以上の日本人では20人に1人は緑内障になっていたというデータがあります。近視が強い、片頭痛がある、低血圧、眼圧がもともと高いと緑内障のリスクは高くなります。また、遺伝的因子も関係しているようで、親子姉妹で緑内障ということも珍しくありません。

当院には視野検査や光干渉断層撮影〔OCT〕も揃えており、緑内障の診断を行えます。40歳になったら是非検診を受けてください。上記のリスクがある方は、もっと前に、緑内障になっていないかを調べに来て下さい。

これからもずっと、綺麗な景色を見続けて欲しいです。

写真は、うっすらと二重の虹です。見ると幸せになると言われて院長携帯待受画面です。単純。

img_4479-1.jpg

 カテゴリ:眼の病気, 院長ブログ