サンプル

眼精疲労、この厄介な症状

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

お正月、楽しくスマホ三昧、数独にハマった、小説読破した、お風呂のタイルのカビを倒した!皆様いろんな事をがっつりされたのではないでしょうか?海外でゆったり派の方には、帰り飛行機で寝ずに映画を観まくった、とか?

眼が疲れた、ショボショボする、眼の奥が痛い、眩しい、眼を閉じて居た方が楽、などは引っくるめて眼精疲労という症状 として扱われます。

ただ、この眼精疲労の原因は多岐に渡ります。

例えば老眼、近くを見るのに、ピントを合わせる為に調節力を必要としますが、遠視が強い、年齢が上がる、体調不良、メガネが強すぎる(近視に関しては遠くがすごくよく見えるようにした状態)などが有ると調節力が少なくなる為に、長時間近くを凝視すると眼が疲れてしまいます。

また、近くを見る時は眼を寄せて(少し寄り目になって)見ますが、外斜位など、いつも無意識に眼を真っ直ぐにするのに力を使っているひとは、この寄り目がまた苦手です。疲れます。

そして、いわゆるドライアイ。涙腺で作られた涙は、瞳や白眼を潤し、瞬きの時に、目頭にある涙点から鼻の奥へ流れる事で、涙の交換が行われます。

もともとの病気があって、涙の分泌が少なくなる方の他に、VDT作業が多くなり、瞬きの回数が減る事により涙の蒸発が早くなってしまった方は、眼を保護する涙の層に凹凸ができる為に、スッキリ見えない、眼の不快感が起こりやすくなります。

特に職場でエアコンの風が当たる、パソコン画面に電気が反射する、チラチラする、画面の光量と周りの光量とが違いすぎると、眼は乾くわ、瞳孔は開いたり閉じたりで疲れきってしまいます。

また、緑内障でも眼精疲労は起こりますし、うつ状態の時にも眼の調子は悪くなります。

ここまで頑張って読んで頂いた方は、もはや少数かと思います、お疲れさまでした。院長も眼がしばしば、そう、コレが眼精疲労!

違う違う、本当に言いたいことは、

眼精疲労は、原因が重なって一筋縄ではいかない、命には関わらないけど、日常生活に支障を来すものです。

職場でパソコンばっかり長くて辛いようっ肩も腰も頭も痛いし眼はシバシバ、朝も起きれず寝付けずシンドイようって方は、1人で悩まないで、眼科と、産業医の先生にご相談してください、という事です。

あれ?もしかして最後のところだけでも良かったですか?

 カテゴリ:眼の病気, 院長ブログ