サンプル

花粉症の時期です!花粉から逃げる、減らす、アレルギーを抑える!

今朝起きると、眼はかゆいわくしゃみはでるわ。きましたね、きましたね花粉症。
花粉症辛いよう、と思いながら外来をしましたが、「今朝から特に眼がかゆい」といった患者さんがいらっしゃると、

「ほんと、今朝すごかったですもんね」「痒くて鼻は詰まるし辛いですね!」と共感の嵐が私の心に荒れ狂いました。

は!これこそが患者さんに寄りそう医療? いやいや、そんなこと言っていると「患者の気持ちに寄り添いなさい、そうすれば患者があなたに病気について教えてくれるだろう」(の英語バージョン)を教えてくれた大学時代の恩師に叱られますね。

まあ、まくらはその位にして。以前にも取り上げましたが、花粉症の時期には

まず「自分に付く花粉をいかに減らすか」です。

セーターやファーなどは花粉がびっしりとへばり付くので、せめて上着はツルツル素材のものを選ぶ。
家に入る前に上着を脱いで優しく花粉を落とす。
家に入ったらまず先に手と顔を洗って花粉を流す。
掃除をこまめに、空気清浄機に働いてもらいましょう。

それでも100%花粉アタック回避はできません。

次は「積極的にアレルギー症状を減らす」です。

朝起きて痒ければ、コンタクトではなく、眼鏡にする(花粉が眼に入るのを減らします。花粉症用の眼鏡も販売されています)
抗アレルギー点眼をする。
くしゃみや咳、鼻水が大量に出る場合は抗アレルギー内服や点鼻薬に頼る手もあります。

あ、そうそう、眼の花粉を洗い流す点眼も出ましたよ。
某アイ○ンと違い、点眼なので、皮膚についた花粉が一緒に眼に入ることもないし、防腐剤も使われていないので眼に優しいです。

花粉症の皆様、一緒に頑張ってこの季節を超えていきましょう!

 カテゴリ:医院からのお知らせ, 未分類, 院長ブログ