サンプル

院長、謝罪す

みなさま、お元気でお過ごしでしょうか?

実は院長、女子医大時代に黒歴史が。突発性難聴と時を同じくして、橈骨神経にもトラブルが。実は他にもいろいろと。

めまいはするし、耳は聞こえないし、おまけに橈骨神経というのは、一部の手先の筋肉を支配してるのですが、手先を強く握れないから目薬させないし、文字もぐにゃぐにゃヘナヘナで自分でも解読不能。

いや、厄がいっぺんに降りかかるとはこういうことかっ これは仕事にならないわ、というわけで外来診察を辞めて、たまに特殊コンタクトレンズ外来のみをお手伝いする日々でした。

あのとき、女子医大日暮里クリニックに通院されていた方々には、突然武田がいなくなって、ご心配おかけしました。ちゃんとご挨拶できなくて、ごめんなさい。ずっとずっと、謝りたかったです。みんな大好きで、出来る事なら、またお会いしたいです。

また、埼玉の騎西クリニックという病院でも性格の良い患者さん、面倒見が良く母のようなスタッフさんに恵まれ、バイト先のクリニックでも、皆優しく、いつも武田は皆さんの愛で生きてます、が口癖でした。

そしてまた、八重洲では近隣の先生にも優しく導いて頂き、スタッフさんも美人さんと可愛らしい人達で、何より楽しそうにお仕事してくれてます。患者さんも、インテリジェンスが高く、丁寧な方が非常に多いですね。内科の先生とも仲良くなれて、あと八重洲さくら眼科がもう少し視認しやすくなれば、完璧かと。

思い出話はこの位で、もし、東京駅や京橋駅近くに職場があったり、よく行くよ~みたいな患者さんがいらしたら、是非うちにも寄ってください。手術はできませんが、昔よりも、良い機械を集めて、昔よりも待合室も検査室も診察室も綺麗です。というか、ほぼ自分趣味に走っているので、眼科っぽくないかもしれません(*^-^*)

謝罪文というか、健康っていいなあ、というか、みんな大好き!という一方的な恋文みたいになっちゃいました。ぽっ

 

 カテゴリ:院長ひとりごと, 院長ブログ